英会話勉強法

英会話を学びたいという人たちは、たいていの場合、短期間で習得したいという願望をもっています。短期間で「どこ」まで習得したいのですか?と聞き返すと、「・・・。」といった反応が返ってくることが多いのですが、英会話に限らず、何かを学びたい、何かを身につけたいと考えている人々に、まず必要なことは、どのくらいの期間で、どの程度まで上達したいのかという終着地点を決めてみることです。もちろん生涯学習として、一生学び続けるといった人には、終着地点や学ぶ期間決めは必要のない事かもしれませんが、ある程度のスパンでの上達を自分に課す事は、学習を効率よく伸ばしていく為には、有効なのではないかと私自身は考えています。

以前、地元の英会話スクールに、急速に英会話のスキルがあがった学生さんがいたので、どうしてそんなに、英会話のスキルがあがったのかを尋ねたところ、学生のD子さんは、来年にダンス留学を夢見ていて、海外での生活に必要な英会話力が身に付かない限り、ダンス留学の許可が両親から得られないのだというのです。彼女からはダンス留学の許可を得るために、日々、英会話力を上げるために、必死に取り組んでいるという事が切に伝わってきました。

彼女のように、英会話を学ぶ理由と期間がきちんと具体的に明確化されている人は、物事を上達したり達成したりする能力を最大限に自分から引き出そうとするのだという事を、その会話の中で私はなんとなく感じ取った記憶があります。

私自身は、なんとなく趣味や仕事にプラスにならないかなぁなどと、曖昧な理由で英会話スクールに通っていたので、ぼんやりとした英会話しか身に付いていなかったのです。

ダンス留学を夢見て、英会話のレッスンに通う彼女の姿には大変刺激を受けました。私自身も、自分に何かしらの負荷をかけて、英会話学習を試みようと、様々な取り組みを行ってみました。

日本には様々な英会話スクールがあります。中でも銀座にある英会話スクールを探してみるのもありかななんて思います。英会話スクールに通いたいと思っているブログ読者は今すぐ「英会話 銀座」でチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です