å­Ļįŋ’時間

į¤žäŧšäēēãŒč‹ąäŧščŠąã‚’å­Ļįŋ’するとãĒると一į•Ē気ãĢãĒるぎはå­Ļįŋ’時間かもしれぞせん。あるã‚ĸãƒŗã‚ąãƒŧトãĢよると、一æ—Ĩぎå­Ļįŋ’æ™‚é–“ã¯č‹ąäŧščŠąãŽæŠ€čƒŊがäŧ¸ãŗたäēēがåšŗ均80åˆ†ã€é€˛æ­ŠãŒã‚ãžã‚ŠčĻ‹ã‚‰ã‚ŒãĒいäēēはåšŗ均62åˆ†ã§ã—ãŸã€‚ã“ãŽåˇŽã¯ãŠãŠã‚ˆã20分åŧąã§ã™ã€‚多いとčĻ‹ã‚‹ã‹å°‘ãĒいとčĻ‹ã‚‹ã‹ã¯äēēそれぞれでしょう。しかし、技čƒŊぎäŧ¸ãŗįŽ‡ã¯å­Ļįŋ’æ™‚é–“ãŽåˇŽã‚ˆã‚Šã‚‚å¤§ããé–‹ã„ãĻいると思いぞす。いぞ、一æ—Ĩ1時間į¨‹åēĻぎ勉åŧˇæ™‚間ぎ斚がäŧ¸ãŗ悊んでいるぎであれば、あと20分ãģおåĸ—やすだけでäŧ¸ãŗるäēēぎäģ˛é–“å…ĨりができるようãĢãĒるかもしれぞせん。ぞた、å­Ļįŋ’する時間帯ãĢも違いがあることがわかãŖãĻきãĻã„ãžã™ã€‚å°ąå¯å‰ã‚„æ˜ŧäŧ‘ãŋ、そぎäģ–ぎäŧ‘æ—Ĩぎ時間ãĒおでは、äŧ¸ãŗたäēēとそうでãĒいäēēãĢ大きãĒ違いがありぞせんでした。一斚で、「čĩˇåēŠåžŒã€åŽļをå‡ēるぞで」や「通勤途中」では大きãĒ違いがčĻ‹ã‚‰ã‚ŒãĻいぞす。į‰šãĢ帰厅ãĢ限ると多いようです。č‡ĒåŽļį”¨čģŠã§é€šå‹¤ã‚’しãĻいるäēēãĢは通勤時間でぎ勉åŧˇã¯é›Ŗしいかもしれぞせん。しかし、ã‚Ēãƒŧデã‚Ŗã‚ĒブックãĒおãƒĒ゚ニãƒŗグぎ教材はたくさんありぞすから、åˇĨå¤ĢしãĻ勉åŧˇã™ã‚‹ã¨č‰¯ã„と思いぞす。ぞとぞãŖãŸæ™‚čžã‚’å­Ļįŋ’ãĢ充ãĻãĻいることはå­Ļįŋ’ã‚’é€˛ã‚ãĻいく上でぎ最äŊŽčĻäģļでしょう。しかし、äŧ¸ãŗたäēēはさらãĢã‚šã‚­ãƒžæ™‚čžã‚’æ´ģį”¨ã—ãĻいるぎだと思いぞす。20åˆ†ãŽåˇŽã¯ã‚šã‚­ãƒžæ™‚é–“ãŽåˇŽã ã¨č€ƒãˆã‚‹ãšãã§ã—ã‚‡ã†ã€‚čĒžå­Ļå­Ļįŋ’ãĢは、集中しãĻやる勉åŧˇã¨é›†ä¸­ã—ãĻいãĒくãĻもパックグナワãƒŗãƒ‰ã§č‹ąčĒžã‚’č´ã„ãĻæ…Ŗれる勉åŧˇãŽ2ã¤ãŒã‚ã‚‹ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞす。ãĒがら勉åŧˇã¯čĒžå­Ļå­Ļįŋ’でとãĻã‚‚æœ‰åŠšã ã¨č¨€ãˆã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚é€šå‹¤æ™‚é–“ã‚’å§‹ã‚ã¨ã™ã‚‹ã‚šã‚­ãƒžæ™‚é–“ãŽå‹‰åŧˇã¯ã€ãĒがら勉åŧˇå‘ãã ã¨ãŠã‚‚ã„ãžã™ã€‚č‹ąäŧščŠąãŽæŠ€čƒŊがäŧ¸ãŗたäēēは、通勤中ãĢč‹ąæ–‡ã‚’č´ãã€å¸°åŽ…åžŒãĢ集中しãĻčĒ­ã‚€ã¨ã„ãŖたå­Ļįŋ’をしãĻいるäēēが多いようãĢ思いぞす。

単čĒžã‚’čĻšãˆã‚‹ã¨ã„うこと

æ™Žé€šã€é ­ãŽä¸­ã§č‹ąčĒžå­Ļįŋ’ぎ順į•Ēを思いうかずãĻä¸‹ã•ã„ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸã‚‰ã€ã€Œč‹ąčĒžã‚’čĻšãˆãĻ、゚ピãƒŧキãƒŗグぎįˇ´įŋ’をする」という順į•Ēを思いつくと思いぞす。しかし、æœŦåŊ“はこれ逆ぎãģã†ãŒč‰¯ã„ãŽã§ã™ã€‚čŠąã—ãŸã„ãƒã‚ŋがあãŖãĻ、そぎあとãĢ単čĒžã‚’čĻšãˆã‚‹ã€‚逆ãĢ単čĒžã‚’å­Ļã‚“ã§č‹ąčĒžåŠ›ã‚’挙げãĻから゚ピãƒŧキãƒŗグãĢã¨ã‚Šã‹ã‹ã‚ã†ã¨č€ƒãˆãĻいるãĒらばそれは遠回りãĢãĒãŖãĻã„ã‚‹ã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚äž‹ãˆã°č‹ąå˜čĒžé•ˇãĢ乗ãŖãĻいる単čĒžã‚’īŧ‘からčĻšãˆã‚ˆã†ã¨ã—たとしぞす。そんãĒときãĢ、最初ぎペãƒŧジぎ単čĒžã‚’垌でčĻ‹čŋ”しãĻãŋると、ãģとんおčĻšãˆãĻいãĒいことãĢ気がäģ˜ã„ãĻしぞいぞす。čĻšåž—ることãĢåŋ…æ­ģãĢãĒãŖãĻしぞãŖãĻ、そぎ場そぎ場ではčĻšãˆãĻいぞすがあとからčĻ‹čŋ”すすとåŋ˜ã‚ŒãĻしぞãŖãĻいるもぎです。よくåŋ˜å´æ›˛įˇšã¨ã„うぎがこういãŖたときãĢ話題ãĢ上がりぞすが、10個単čĒžã‚’čĻšãˆã‚‹ã¨1時間垌ãĢは8個ãģおåŋ˜ã‚ŒãĻã—ãžã†ã€ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞす。
ãģかãĢも単čĒžå¸ŗぎčŊとしįŠ´ãĢãĢついãĻãŠčŠąã—ã—ãžã—ã‚‡ã†ã€‚įš†ã•ã‚“は単čĒžã‚’100個čĻšãˆãŸã¨ã—ãĻそれをすずãĻäŊŋãŖãĻčŠąã›ã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã‹īŧŸå¤šã‹ãŖたら100個å­ĻんだãĒかで10個だけ選んでäŧščŠąã‚’äŊœãŖãĻãŋぞしょう。こういãŖたナãƒŗダムãĒ単čĒžã‹ã‚‰äŧščŠąã‚’æƒŗåƒã™ã‚‹ã¨ã„ã†ãŽã¯ãŸã¨ãˆč‹ąčĒžã§ãĒくãĻもé›Ŗしいもぎです。つぞり、こういãŖた単čĒžã‚’čĻšãˆã‚‹ã¨ã„ã†čĄŒį‚ēは、äŧščŠąã‚’するというčĻŗį‚šã‹ã‚‰ãŋるとæœŦæœĢčģĸ倒ãĒ一éĸã‚’æŒãĄåˆã‚ã›ãĻいぞす。
では、こぎæœŦæœĢčģĸ倒ãĒæ–šæŗ•ã‚’逆čģĸしãĻč€ƒãˆãĻãŋぞしょう。ぞずは単čĒžã‚’čĻšãˆã‚‹å‰ãĢã€čŠąã—ãŸã„ã“ã¨ãƒģčŠąã—ãã†ãĒã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãžã™ã€‚č€ƒãˆãŸã‚‰ããŽčŠąéĄŒãĢé–ĸé€ŖしãĻいる単čĒžã‚’čĒŋずãĻ挙げãĻいきぞす。そう、前čŋ°ã—たį›´æŽĨå­Ļįŋ’ãŽč€ƒãˆæ–šã§ã™ã­ã€‚ã“ã†ã„ãŖた劚įŽ‡ãŽč‰¯ã„į›´æŽĨå­Ļįŋ’ãŒč‹ąäŧščŠąåŠ›ã‚’éĢ˜ã‚ãĻいくよい斚æŗ•ãĒぎです。

英äŧščŠą-゚ピãƒŧキãƒŗグぎ勉åŧˇæ–šæŗ•

英äŧščŠąãŽã†ãĄã€ã‚šãƒ”ãƒŧキãƒŗグぎ勉åŧˇæ–šæŗ•ã‚’おäŧãˆã—たいと思いぞす。ぞずはじめãĢčĄŒã†ãŽã¯ã€ŒčŠąã—ãŸã„ã“ã¨ã‚’æŠŠæĄã™ã‚‹ã€ã¨ã„ã†ã“ã¨ã§ã™ã€‚č‡Ēåˆ†ãŒč‹ąčĒžã§ã—ãŸã„čŠąã¯ãŠã‚“ãĒ芹ãĒぎかを明įĸēãĢすることで゚ピãƒŧキãƒŗグぎ勉åŧˇã‚’é€˛ã‚ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããžã™ã€‚į‰šãĢ思いつかãĒいというäēēはč‡Ēåˆ†ãŽč‹ąčĒžå­Ļįŋ’を始めたきãŖかけを思いå‡ēすとよいでしょう。䞋えばこんãĒčŠąãŒã—ãŸã‹ãŖたぎãĢč¨€ãˆãĒくãĻ悔しかãŖãŸãŽã§č‹ąäŧščŠąã‚’できるようãĢãĒりたくãĒãŖた、というäēēがいたとしぞしょう。もしもそぎできãĒかãŖãŸčŠąã¨ã„ã†ãŽãŒå¤–å›ŊäēēãĢé“ã‚’čžã‹ã‚ŒãŸãŽãĢčĒŦ明できãĒかãŖたということだãŖたãĒã‚‰ã€ããŽé“æĄˆå†…ã‚’ã™ã‚‹č‹ąčĒžã‚’勉åŧˇã—ようということãĢãĒã‚Šãžã™ã€‚ãã‚Œã§ã¯ã€é“æĄˆå†…ã‚’ã—ãŸã‚ã¨ãĢ外å›ŊäēēとおんãĒä¸–é–“čŠąã‚’ã™ã‚‹ã‹æƒŗ像しãĻãŋã‚Œã°ã€é“æĄˆå†…ã‚’ã™ã‚‹č‹ąčĒžãŽåžŒãĢおんãĒ勉åŧˇã‚’é€˛ã‚ã‚Œã°ã„ã„ã‹ãŒã‚ã‹ã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚é“æĄˆå†…ã‚’ã—ãĻいる間ãĢも、あãĒたはおこからæĨたぎかīŧŸã¨ã‹æ—ĨæœŦぎこういうところがéĸį™Ŋã„ã—ã€ã“ã“ã‚‚čĄŒãŖãĻãŋるといいかもよ、ãĒんãĻčŠąãŒã§ããŸã‚‰æĨŊしいãĒとå¤ĸがåēƒãŒã‚Šãžã™ã­ã€‚č‹ąčĒžå­Ļįŋ’ぎãƒĸチベãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚ĸップãĢつãĒがるかもしれぞせん。

æœŦをčĒ­ã‚“でも原čˇĩしãĒいと意å‘ŗがãĒい

多くぎäēēは「æœŦをčĒ­ã‚“でも原čˇĩしãĒいと意å‘ŗがãĒい」ということを頭では分かãŖãĻいると思いぞす。しかし、ãģとんおぎäēēã¯č‹ąčĒžå‹‰åŧˇæŗ•ãŽæœŦをčĒ­ã‚“でそぎ書いãĻあることを原čˇĩしたことはãĒã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ãã‚ŒãŒæ™Žé€šã§ã™ã€‚ãã‚‚ãã‚‚č‹ąčĒžå‹‰åŧˇæŗ•ãŽæœŦを原際ãĢ原čˇĩできるäēēãĒらばすぐãĢ英čĒžãŒä¸Šé”しぞす。晎æŽĩįš†ã•ã‚“ãŒč‹ąčĒžå‹‰åŧˇæŗ•ãŽæ•™æœŦã‚’č˛ˇãŖãĻしぞうぎは、äģŠåēĻこそ最éĢ˜ãŽå‹‰åŧˇæŗ•ã§å‹‰åŧˇã—ãĻ英čĒžãŒã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖãĻやるという意気čžŧãŋから、というよりはæĨŊしãĻ英čĒžãŒčŠąã›ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒりたいからãĒぎです。しかしぞãŖたく勉åŧˇã—ãĒくãĻã‚‚č‹ąčĒžãŒčŠąã›ã‚‹
æ–šæŗ•ã¨ã„うぎは開į™ēされるようãĒもぎではãĒいです。断捨é›ĸしãĻいきぞしょう。
英čĒžæœŦã‚„č‹ąčĒžå‹‰åŧˇæœŦã‚’č˛ˇãŖãĻいる斚というぎはあるį¨‹åēĻįŸĨãŖãĻã„ã‚‹č‹ąčĒžčĄ¨įžãŒæœŦãĢå‡ēãĻきたときãĢもうすでãĢįŸĨãŖãĻいるという態åēĻをとãŖãĻč„ŗぎ中で勝手ãĢčĒ­ãŋéŖ›ã°ã—ãĻしぞいぞす。しかしここが大きãĒčŊとしįŠ´ã§ã™ã€‚įŸĨãŖãĻãĻもできãĻいãĒい、äŊŋãŖãĻいãĒいぎãĒらばそれはįŸĨãŖãĻいるだけでäŊ•ãĢもãĒりぞせん。įŸĨãŖãĻからそれを原čˇĩすることがåŋ…čĻãĒぎです。むしろここで逆čģĸぎį™ēæƒŗをしãĻãŋぞしょう。æ—ĨæœŦčĒžãŽčĄ¨įžã‚’čĻ‹ãĻãã‚Œã‚’č‹ąčĒžãĢč¨ŗã™ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã€‚ããŽč‹ąčĒžãŒæ€ã„つかãĒいということはįŸĨãŖãĻã„ã‚‹ã†ãĄãĢはãĒらãĒいということãĒãŽã§ã™ã€‚äž‹ãˆã°ã€Œč–”č–‡ã€ã¨ã„ã†æŧĸ字をčĒ­ã‚€ã“とができるäēēは多いですがこれをčĻ‹ãĒいで書けるでしょうか。ãģとんおぎ斚が書けãĒいと思いぞす。ここで一分垌ãĢč–”č–‡ã¨ã„ã†æŧĸ字ぎテ゚トをするとしたとき、äŊ•ãŒä¸€į•Ē劚įŽ‡ãŽã„い勉åŧˇæ–šæŗ•ãĒãŽã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã€‚č–”č–‡ã¨ã„ã†æŧĸ字をäŊ•åēĻもčĻ‹ã‚‹ã‚ˆã‚Šã‚‚書くãģうがčĻšãˆãã†ã§ã™ã‚ˆã­ã€‚そぎį­”ãˆãŒč‹ąčĒžãŽå‹‰åŧˇãŽæœ€éŠč§ŖãĢもつãĒãŒã‚‹ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ã¨ã¯č¨€ãŖãĻも原際ãĢ英čĒžãŽå‹‰åŧˇãĢ取りįĩ„もうとおもãŖãĻも大変です、ぞずはäģŠæ—Ĩ一æ—Ĩ一回だけでも取りįĩ„んでãŋぞしょう。

子䞛ãĢã‚ĒãƒŗナイãƒŗãƒŦッ゚ãƒŗはおうか

子䞛ãĢäēē気ぎįŋ’いäē‹ã¨ã„えば、゚イミãƒŗグ、ã‚ĩッã‚Ģãƒŧ、ピã‚ĸノ、äŊ“操が毎嚴ナãƒŗキãƒŗグ上äŊãĢでãĻきぞす。そしãĻ英äŧščŠąã¯īŧ“äŊå‰åžŒã¨ã€ã‹ãĒりぎčĻĒåžĄã•ã‚“ãŒč‹ąčĒžæ•™č‚˛ã‚’æ„č­˜ã—ãĻいることがわかりぞす。しかしãĒがら、大äēēがã‚Ēãƒŗナイãƒŗ゚クãƒŧãƒĢか通å­Ļåž‹č‹ąäŧščŠąå­Ļæ Ąã‹ã¨æ‚Šã‚€ãŽã¨åŒæ§˜ãĢã€å­äž›ã‚’č‹ąäŧščŠąå­Ļæ Ąã¸é€šã‚ã›ã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã€ãĒかãĒかぎå‡ēč˛ģをäŧ´ã„ぞす。子䞛ぎころはæĨŊしいと思えることがäŊ•ã‚ˆã‚Šã‚‚大äē‹ãĒぎで、同じ嚴頃ぎäģ˛é–“と、歌ãŖãŸã‚Šč¸ŠãŖãŸã‚Šã€ã‚˛ãƒŧムをしたりしãĒがらãƒŦッ゚ãƒŗを受けることがおすすめですが、違う斚æŗ•ã‚’おæŽĸしãĒらば、ã‚ĒãƒŗナイãƒŗãƒŦッ゚ãƒŗはいかがでしょうか。

子䞛向けぎã‚Ēãƒŗナイãƒŗ゚クãƒŧãƒĢは回数åˆļをとãŖãĻã„ã‚‹ã¨ã“ã‚ãŒå¤šãã€æœˆéĄå—čŦ›æ–™ã¯ãŠã‚ˆã3000円į¨‹åēĻがį›¸å ´ãŽã‚ˆã†ã§ã™ã€‚中ãĢはčĻĒ子でã‚ĸã‚Ģã‚Ļãƒŗãƒˆã‚’ã‚ˇã‚§ã‚ĸできるåˆļåēĻã‚’č¨­ã‘ãĻいる゚クãƒŧãƒĢもあり、兄åŧŸåŧŸåĻšãŒã„る斚やごč‡Ē分でもãƒŦッ゚ãƒŗを受けたいと思ãŖãĻいる斚ãĢはとãĻもäžŋ刊ですね。

äē‹å‰ãĢしãŖかりčĒŋずãĻおきたいことは、čŦ›å¸ĢãŒããĄã‚“ã¨č¨“įˇ´ã‚’受けãĻいるぎかというį‚šã§ã™ã€‚子䞛とぎæŽĨã—æ–šã€čŠąã—ã‹ã‘æ–šã€æ•™ãˆæ–šãĒお、大äēēと子䞛ではčŦ›å¸ĢãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹čŗĒがį•°ãĒりぞす。ぞた、æ—ĨæœŦčĒžã‚’äē¤ãˆãĻãƒŦッ゚ãƒŗã‚’čĄŒã†ãŽã‹ã€ãģãŧ英čĒžãŽãŋでジェ゚チãƒŖãƒŧãĒおを多į”¨ã—ãĻčĄŒã†ãŽã‹ãĒお、おぎようãĢãƒŦッ゚ãƒŗã‚’é€˛čĄŒã™ã‚‹ãŽã‹ã‚’ã€äŊ“験ãƒŦッ゚ãƒŗを通しãĻčĻĒもよくį†č§ŖしãĻおきぞしょう。

čŦ›å¸ĢãĢé–ĸしãĻは、大äēēが受čŦ›ã™ã‚‹å ´åˆã¨åŒæ§˜ãĢ、フã‚ŖãƒĒピãƒŗäēēčŦ›å¸Ģであることがãģとんおです。せãŖかく教わるぎだからネイテã‚ŖブãĢ、とも思いぞすが、子䞛向けãƒŦッ゚ãƒŗということでį‰šãĢį™ēéŸŗãŽč´ãã‚„ã™ã•ã¨ã„ã†į‚šã§ã¯å„į¤žããĄã‚“としたåŸēæē–ã‚’č¨­ã‘ãĻいるはずです。こぎį‚šã‚‚、気ãĢãĒる斚はごč‡ĒčēĢでよくįĸēčĒã—ãĻください。

 

フã‚ŖãƒĒピãƒŗぎ斚々は、在æ—Ĩでベビãƒŧã‚ˇãƒƒã‚ŋãƒŧやハã‚Ļã‚šãƒĄã‚¤ãƒ‰īŧˆãƒã‚Ļã‚šã‚­ãƒŧパãƒŧīŧ‰ã¨ã—ãĻも数多くæ´ģčēã—ãĻおり、掃除ãĢé–ĸしãĻč¨€ãˆã°éš…ã‹ã‚‰éš…ãžã§ãƒ”ã‚Ģピã‚ĢãĢįŖ¨ã„ãĻãã‚ŒãŸã‚Šã€æŽƒé™¤é“å…ˇãĢこだわãŖãĻ揃える専門åŽļéĄ”č˛ ã‘ãŽæ–šã‚‚ã„ãŸã‚Šã€ãƒ•ãƒŦãƒŗドãƒĒãƒŧでäģ•äē‹į†ąåŋƒãĒ斚も多くčĻ‹å—ã‘ã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“å€‹äēēåˇŽã¯ã‚ã‚Šãžã™ãŽã§ã€ãŠãŽã‚ˆã†ãĒ場合でもäŊ“験ãƒŦッ゚ãƒŗは受čŦ›ã—ãĻおくことをおすすめしぞす。

英äŧščŠąå­Ļæ Ąīŧˆé€šå­Ļ型īŧ‰ãŽã‚れこれ  グãƒĢãƒŧプãƒŦッ゚ãƒŗか マãƒŗツãƒŧマãƒŗか

ã‚Ēãƒŗナイãƒŗ゚クãƒŧãƒĢぎ受čŦ›ã¯ãƒžãƒŗツãƒŧマãƒŗがåŸēæœŦとãĒりぞすが、通å­Ļåž‹ãŽč‹ąäŧščŠąå­Ļæ Ąã§ã¯ã€3īŊžīŧ•åį¨‹åēĻぎグãƒĢãƒŧプãƒŦッ゚ãƒŗかマãƒŗツãƒŧマãƒŗãƒŦッ゚ãƒŗãŽãŠãĄã‚‰ã‹ã‚’é¸æŠžã™ã‚‹ã“ã¨ãĢãĒりぞす。マãƒŗツãƒŧマãƒŗãƒŦッ゚ãƒŗは、čŦ›å¸Ģ一名ãĢ寞しãĻį”Ÿåž’一名ですから、受čŦ›ã—たīŧ‘時間がすずãĻč‡Ē分ぎためぎå­Ļįŋ’時間とãĒり、内厚ぎæŋƒã„ãƒŦッ゚ãƒŗを受けることができぞす。äģ–ぎį”Ÿåž’ぎ間違ãŖた文æŗ•ã‚„ã‚ĸクã‚ģãƒŗãƒˆã‚’č´ã„ãĻåŊąéŸŋを受けãĻã—ãžã†ã“ã¨ã‚‚ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã—ã€åž…ãĄæ™‚é–“ãŒį™ēį”Ÿã™ã‚‹ã“ともありぞせん。čŦ›å¸Ģが一äēēぎ指導ãĢé›†ä¸­ã§ãã‚‹ãŸã‚ã€éŠåŽœã€æœ€č‰¯ãŽã‚ĸドバイ゚をもらうこともでき、čŦ›å¸ĢへぎčŗĒ問もしやすいでしょう。

そぎ反éĸ、čŦ›å¸Ģとぎį›¸æ€§ãŒæ‚Ēいと気čŊãĄã‚‚ã—ãžã™ã—ã€äŧščŠąã‚’したくãĻもįˇŠåŧĩしãĻãĒかãĒã‹č¨€č‘‰ãŒã§ãĻこãĒい場合もあるようです。

では、グãƒĢãƒŧプãƒŦッ゚ãƒŗを選択した場合はおうでしょう。グãƒĢãƒŧプãƒŦッ゚ãƒŗぎ一į•ĒãŽãƒĄãƒĒットは、マãƒŗツãƒŧマãƒŗãƒŦッ゚ãƒŗよりも授æĨ­æ–™ãŒåŽ‰ã„ことです。グãƒĢãƒŧプãƒŦッ゚ãƒŗãĢãĒãŖた場合でもčŦ›å¸Ģぎ数がåĸ—えるわけではありぞせんぎで、単į´”ãĢčŦ›å¸Ģ一名分ぎ授æĨ­æ–™ã‚’æ•°äēēã§č˛ æ‹…ã™ã‚‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ã§ãŠåŽ‰ã„ãŽã§ã™ãŒã€åŊ“į„ļ、個々äēēãŽé€˛åēĻやįŋ’į†ŸåēĻãĢ合わせãĻ授æĨ­åą•é–‹ãŒæˆã•ã‚Œã‚‹ã‚ã‘ではãĒく、グãƒĢãƒŧプ全äŊ“としãĻã‚ĢãƒĒキãƒĨナムがįĩ„ぞれぞす。čŦ›įžŠä¸­ãĢčŗĒ問したくãĻも、一äēēぎためãĢäģ–ぎ受čŦ›č€…を攞ãŖãĻおけるわけではãĒいぎで、čŗĒ問するãģうも気をäŊŋいぞすし、čŦ›å¸Ģã‹ã‚‰æœ€č‰¯ãŽå›žį­”を垗られるかおうかもわかりぞせん。逆ãĢ、äģ–ぎ斚がãĒかãĒかį™ēč¨€ã§ããšãĢいる場合やčŗĒ問をしãĻいる間ãĒおは、勉åŧˇãĢãĒã‚‹ã“ã¨ã‚‚å¤šãã‚ã‚‹ã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ãŒã€ãŸã ãŸã åž…ãĄæ™‚é–“ã¨ãĒãŖãĻしぞう可čƒŊ性もありぞす。

 

同じãƒŦベãƒĢぎäģ˛é–“ができることで厉åŋƒæ„ŸãĢつãĒãŒã‚Šã€åŠąãŋãĢãĒることもありぞすぎで、ぞずはグãƒĢãƒŧプãƒŦッ゚ãƒŗã‹ã‚‰ã¨č€ƒãˆã‚‹æ–šã‚‚å¤šã„ã‹ã¨æ€ã„ãžã™ãŒã€ããŽå ´åˆã¯ã€ŒãŋんãĒこぎãƒŦベãƒĢ」だから「č‡Ē分もこぎãƒŦベãƒĢã§č‰¯ã„ã€ãĒおと向上åŋƒã‚’å¤ąãã—ãĻしぞわãĒいようãĢしãĒがら、æĨŊしãŋぞしょう。

単čĒžãƒģイデã‚Ŗã‚ĒムをčĻšãˆã‚‹

劚įŽ‡ãŽã‚ˆã„単čĒžãŽčĻšãˆæ–šã¯ã€č‡Ēåˆ†ãŽčŠąã—ãŸã„ãƒã‚ŋでäŊŋいそうãĒ単čĒžã‚’čĒŋずることです。さらãĢ大切ãĒことは、単čĒžã‚’単čĒžã§čĻšãˆã‚‹ãŽã§ã¯ãĒく、文ãĢしãĻčĻšãˆãĻいくことです。äēē間は、čĻšãˆãŸå˜äŊã§ã—かã‚ĸã‚ĻトプットできãĒいといわれãĻいるようãĢ、単čĒžã§čĻšãˆã‚‹ã¨å˜čĒžã—かå‡ēãĻこãĒいということです。文でčĻšãˆã‚‹ã¨ã„うことは、そぎ単čĒžãŒæ–‡ãŽãŠã“ãĢå…ĨるかもčĻšãˆã‚‰ã‚Œã€æ–‡æŗ•åŠ›ã‚‚č‡Ēį„ļãĢついãĻきぞす。

ぞた、単čĒžã‚’čĻšãˆã‚‹ã¨ãã¯ã€æ›–昧ãĒčĻšãˆæ–šã¯éŋけるということです。äŧŧたようãĒ単čĒžãŒäŊŋい分けられãĒいというäēēは、čĻšãˆæ–šãŒãĻきとうãĢãĒãŖãĻいるためです。しãŖかりと単čĒžãŽæ„å‘ŗã‚’æ„č­˜ã—ãĻいれば、間違いはãĒくãĒãŖãĻくるもぎです。

さらãĢイデã‚Ŗã‚ĒムをäŊŋã†ã“ã¨ã§ã€č‹ąčĒžåŠ›ã‚’ã‚ĸップさせることができぞす。イデã‚Ŗã‚Ēムは、書いãĻある通りぎ意å‘ŗではãĒいことが多いため、čĻšãˆãĒくãĻはãĒらãĒいもぎです。しかしãĒがら、į‰‡ãŖįĢ¯ã‹ã‚‰čĻšãˆã‚‹ãŽã¯åŠšįŽ‡ãŒæ‚Ēいやり斚で、単čĒžã¨åŒæ§˜ã€č‡Ē分がäŊŋãŖãĻãŋたいもぎからčĻšãˆã‚‹ãŽãŒã‚ˆã„ようです。čĻšãˆãŸã‚¤ãƒ‡ã‚Ŗã‚Ēムは、äŊŋãŖãĻãŋることです。そうすることで、č‡Ēåˆ†ãŽč¨€č‘‰ã¨ã—ãĻ厚į€ã—、į›¸æ‰‹ã‚‚ã€Œč‹ąčĒžãŒã§ãã‚‹äēē」としãĻčĻ‹ãĻくれるようãĢãĒりぞす。